鳩はそのままにしていては大変

警戒心の強い鳩は、敵と感じる生き物にはなかなか近づきません。しかし、安全と感じてしまった場所を見つけてしまうと、そこで巣を作る習性があります。とても帰巣本能が強い鳩は、1度巣を作った場所を忘れないため、対策を考えないと様々なトラブルを呼びます。

鳩被害を比較することで問題視される点を知ろう

アレルギーの原因となってしまう糞被害

鳩は、その体に様々なアレルゲンを持っています。その中でも、糞には様々な成分が含まれています。その成分が空気中に飛散し、人間が吸い込むことで、体の中で過剰な反応を見せ、アレルギー症状を引き起こします。また、症状が悪化すると、喘息を引き起こす危険性もあります。

昼夜問わずに鳴き声が聞こえてくる

ベランダなどに巣を作られてしまうと、昼夜問わず鳩がいることになります。そのため、鳩の鳴き声を近くで聞き続ける事になります。自分達にかかる騒音被害もそうですが、近所迷惑にもなってしまう問題です。

鳩が巣作りを行うのは最終段階といわれている

警戒心が強い鳩が巣を作るまでには、3段階のレベルがあるとされています。完全に巣を作る前に対策を行うことで、鳩からの被害を防ぐ事ができます。

報告件数が多い鳩の被害ランキング

no.1

大量の糞被害

鳩は集団で行動する動物です。そのため、その鳩が羽休めを行う場所には、多くの糞が落ちています。鳩の糞には様々な菌が含まれているため、乾燥して空気中に飛散し、人間の体内に入るとアレルギーなどを引き起こす可能性もあります。

no.2

鳴き声などの騒音

鳩は1匹1匹の鳴き声はとても小さいものです。しかし、集団で行動するため、1匹が鳴き出すと連鎖的に、他の鳩達も鳴き出してしまいます。また、昼間だけならば対策のとりようもありますが、ねぐら近くになると、夜でも鳴き声が聞こえてきます。

no.3

大量に落ちている羽

鳩は羽休めを行う場所で、自分の羽を整える習性があります。1匹が行う毛繕いで出る羽の枚数は、1回で2から3枚とされていますが、待機する際には複数の鳩が同じ行動を起こすため、沢山の羽が落ちています。糞と違い、風などの影響で様々な場所へ飛散する羽は、掃除するのも大変です。

[PR]
アライグマ駆除を業者に頼もう
害獣被害をすぐに解消

鳩の対策を調べながら鳩に関係する法律も調べよう

はと

鳩は傷つけることができない

害をもたらしてしまう鳩を駆除することができないかと考える人もいますが、鳩は「鳥獣保護法」と呼ばれる法律で守られています。そのため、傷付けたりすると法律違反となり、罪に問われてしまいます。

ハト

巣を作られてしまったら業者や市役所に連絡

鳥獣保護法で守られている鳩が、ベランダなどで巣を作ってしまった際に、勝手に移動させたら、巣を壊してしまうだけでも、法律違反になります。そのため、駆除対策を行っている業者や保健所などに連絡する必要があります。

鳩

日頃から対策を考えておくことが重要

万が一自宅の敷地内で鳩に巣を作られてしまうと、なかなか業者や保健所などと手間がかかります。そういった問題を、日頃の対策で予防しておくことも重要な事です。

[PR]
ネズミ駆除の優良業者を厳選リサーチ☆
家のトラブルをすぐに解決

[PR]
床下換気扇の効果を徹底解説!
害虫被害を減らしたいなら必見!

[PR]
トコジラミ駆除はプロにお任せ!

広告募集中