スキンタッグが気になるなら化粧品で排除しよう

女の人

遺伝的な要因もあります

レディ

加齢や紫外線の影響で発症

スキンタッグは、首や胸、ワキなどの部分に出来やすく、加齢や紫外線などの影響で発症する皮膚疾患のことで、老人性イボとも呼ばれています。40代を過ぎた頃から、見られることが多いですが、親や兄弟姉妹などにスキンタッグで悩んでいる人がいると、体質的に遺伝がしやすいので、比較的若い20代や、30代の人にも見られる場合があります。スキンタッグは良性の皮膚疾患ですが、イボが大きかったり、広範囲にあると年齢よりも老けた印象を与えてしまうので、コンプレックスを感じている人が多いです。美容皮膚科や皮膚科では、スキンタッグの治療は液体窒素による治療や、保険適用外の治療になりますが、炭酸ガスレーザーを使用した治療を行っています。比較的イボが小さい場合は、液体窒素で凍結をして、小さくしてから、取り除くことができますが、比較的広範囲にスキンタッグが見られる場合は、炭酸ガスレーザーによる治療を行ったほうが、安全性に優れており、治療後の仕上がりが美しいのが特徴です。首や胸、ワキなどの部分は、衣類やアクセサリー類で摩擦を受けやすい部分なので、お肌に優しいコットン素材の衣類を着用したり、アクセサリーなどの刺激になる物は、着用しないことも大事です。若い年代の人はスキンタッグが小さく、量も少ない人が多いので、美容皮膚科や皮膚科では軟膏などの塗り薬による治療を行っています。ハト麦や杏エキスなども、老人性イボを目立たなくする効果が期待できます。